口コミで評判の薔薇エッセンス|ローズ・ばら・バラ・薔薇関連商品なら株式会社ワールドブランドにお任せ下さい

トップページ > バラ関連商品

薔薇エッセンスとは

薔薇の花ほど、世界中の女性に愛される花は他にありません。薔薇の花には、それほど人を惹きつけるエネルギーがあるでしょう。 こちらのエッセンスは、その薔薇のエネルギーを転写させたエッセンスです。

中国永登県苦水鎮の薔薇園で栽培・製造された薔薇エッセンスは、原材料の薔薇を栽培し、花びらを原料とし、 水蒸気蒸留法により万分の四の比率で抽出されました。薔薇エッセンスは一滴の液を作るのに新鮮花が230輪が要します。 1s当たりは新鮮な花が300万輪以上が要します。こういう薔薇から抽出された薔薇エッセンスは「液体の黄金」と呼ばれ、 値段が非常に高いし、香料エッセンスの中で最も高級な香料エッセンスです。

厳格な高品質管理は、土壌、品種の選択、非遺伝子組み換え品の使用、有機栽培、手摘みによる薔薇の花びらの採取 (夜明け4時頃から、夜露が消えるまでの時間)、厳格な品質管理の下、加工・パケットまで、 一貫して製造しております。これらは、総て、最高品質の製品を製造する為のプロセスであり、よって、当社の製品は、 数多くの顧客の指示を得る事に成功しております。

当社では薔薇を利用した商品開発に取り組んでおります。そして、研究、開発を経て品質の高い香り、 長期間継続という特徴を持った薔薇エッセンスの開発に成功いたしました。 この薔薇エッセンスの特長を活かし、現在話題の薔薇茶、薔薇酒、薔薇化粧品など様々な商品開発をてがけております。

お客さまのさまざまな要望にお応えするべく、新商品の開発や既存商品の改善に取り組んでおります。 絶えず品質を追求し、お客さまの健康と幸せな毎日に貢献できる商品の開発をめざしております。

薔薇の伝説

当地に美しい伝説があります。大昔、七仙女が俗世に下りてきたとき、人間の住んでいる人の目のようなきれいな山河を見て、 七仙女は手に持っている薔薇の花を投げ、「年々歳々人は違うが、歳々年々花は美しさを競う」と言われています。

苦水という地名の由来「苦水」は永登県苦水鎮という地名です(そこの地形が人の目の輪郭によく似ています。 当地の人は目の輪郭を苦水と俗称します)。ここは薔薇の花がたくさん出ることで世界で有名になり、「苦水の薔薇は天下一だ」と言われています。

薔薇の効果

「綱目拾遺」(以前の綱目の遺漏を補足)「中華人民共和国薬典」、「漢方薬大辞典」「草花と食品」等の文献記録によると、 薔薇は味が甘くやや渋みがあり、性能は温和で、肝臓と脾臓に良いです。気渋、気逆、気虚を治療し、憂鬱を解除し、肝臓の働きを促し、 胃の機能を順調にし、血行を促進し、うっ血を取り払い、胆嚢の機能を強める効果があります。特に女性の月経不順、 乳房の痛み腫れとなどの症状に効果があります。

現代科学技により、薔薇の栄養成分、薬物成分、薬の効能、薬理及び毒理学について、分析研究の結果バラに十八種類のアミノ酸 が含まれ、その豊富な栄養成分の活性物質は心臓脳血管、消化系統、新陳代謝及び免疫機能と抗癌、抗老衰等に全面的に正確な科学根拠 を与えてくれました。

薔薇の中から抽出した自然薔薇エッセンスは痛み止めの働きがあり、肝汁の分泌を促進させることができます。 黄金色ブドウ球菌、薔薇チフス桿菌及び結核桿菌に抑制作用があります。苦水薔薇はセレンの含有量が38.8ガンマ/sもあり、防癌、 抗癌、抗酸化などの機能を持っています。胃の病気の治療、女性のホルモンをつり合わせ、一部分の皮膚病の治療にも効果があります。 また皮膚にしわを防ぎ、美白させる働きがあります。

苦水バラは薬と食だけではなく、美容、サウナ、香薫、化粧品、保健、茶、醸造酒、花のジュース、食品などに重要な原料 として使用することができます。

苦水の薔薇は天下一

海抜1650メートル、北緯36℃の黄河の上流にある庄浪河の畔の、世界でも有名な「中国薔薇の故郷」 ――蘭州市苦水鎮に生長しています。世界で稀な高原自然薔薇の品種です。 苦水の薔薇は全県での栽培面積は3.8万畝(約2530万平方メートル)になり、五つの鎮72の村に達し、 利益を受けている人口はほぼ20万人で、特徴のある中堅産業になりました。

1984年に薔薇は蘭州市の市花になりました。同年、苦水の薔薇は蘭州の「薔薇の海、花の香る」という 十大の素晴しい景色の一つに評価されました。1983年に民政部に「中国の薔薇の故郷」と名づけられ、 2008年に中国国家工商総局「原産地証明商標」と中国国家品質監督総局「原産地標記」と二重に保護されました。 2009年に「甘粛省著名商標」と「地理商標」を獲得し、苦水の薔薇は2010年の万博で「甘粛の名優 かつユニークな製品」と評判されました。《甘粛外経貿誌》により、薔薇の油は1983年から1986年 迄続いて輸出され外貨を獲得して、当時国の不足した外貨収入のために貢献したそうです。2005年 《中国苦水薔薇のエッセンス輸出業種基準》が公布され、2006年「国際香粧品香料協会」(IFRA)に参加する申請を出して、 その機構の会員、国家の支持を多くいただきました。

現地生産工場の紹介

現地生産工場は現在、薔薇のエッセンス、薔薇の赤ワイン、薔薇のジャム、薔薇の蕾茶という四つの生産ラインがあります。 年間生産力は薔薇の花5000トン、薔薇の干し蕾100トン、薔薇のエッセンス1000kg、 薔薇の赤ワイン500トン、薔薇のジャム200トン、薔薇オーデコロン400バーレルです。

現在、中国で「苦水薔薇」を研究、生産、開発している、ただひとつの専門的な会社であり、 国内で輸出許可を持っている唯一のバラの製品の生産メーカーでもあります。

2009年会社は「甘粛省重点貧困家庭援助骨幹先頭企業」「蘭州市農産品加工骨幹先頭企業」「永登県薔薇開発骨幹企業」 に評定され、相次いで永登県薔薇協会、永登県農業協会、蘭州市農産品協会、蘭州市中小企業担保協会、 甘粛省消費者協会、中国軽工業協会、甘粛食品工業協会などに入会しています。

長年以来、会社は苦水薔薇という資源の優勢に頼り、「特色」というところにいろいろな工夫をしてきました。 市場に合わせ売れ口を重んじて生産計画を立てます。従来の単なる生産の慣例を打ち破り、生産、研究、 開発という新しい考えから出発し、相次いで関係ある研究院や大学の専門家に協力していただき、バイオテクノロジー と生命学との領域に渉って、次々と薔薇油カプセル、花蕊カプセル、薔薇オーデコロン、薔薇の辛口赤ワイン養生酒、 薔薇抗生物など四大種類の60種の薔薇シリーズ製品を開発、生産しました。国の特許を10項目獲得し、 国の薔薇製品の空白を40項目埋め、「中国名高いブランド」、「消費者信用製品」と評定されました。

15回蘭州貿易取引会で優秀企業と評価され、優秀製品賞を獲得しました。2008年、苦水薔薇製品20種類以上を アラブ首長国連邦で展示し、外国友人に人気を博しました。 2009年、薔薇のエッセンス内服液は中国品質検査総局のQS食品品質安全認証および薔薇エッセンス内服液生産許可 を取得しました。これは中国の薔薇生産業界でも始めてです。同年、甘粛省品質検査局に薔薇赤ワイン、薔薇のジャム、 薔薇蕾茶などのQS食品品質安全認証及び生産許可を頂きました。2010年、薔薇の深く滋養シリーズと薔薇新活手入れ シリーズと薔薇美白シリーズとの調剤方法を確立しました。 2011年、広州仙施生物科学技術有限公司と合作し、薔薇の深く滋養シリーズと薔薇新活手入れシリーズと薔薇美白 シリーズという最新薔薇シリーズ化粧品を18種類生産し始め、先頭に立って苦水薔薇産業の多元的な発展に力を尽くしています。

2010年から、北京、上海、銀川で専売店を開店し、蘭州フラックシップショップを成立し、西固分店、城関分店、永登店を開店し、 中国苦水薔薇産業と市場開拓に新たな道を開いています。