現地・在日中国人を紹介する国際結婚相談所|合縁国際結婚相談室 国際結婚の手続き・査証手続き・必要書類を説明する

トップページ > システム案内 > 国際結婚の手続き

日本で結婚する場合

日本で婚姻届を提出し婚姻が成立しても、中国大使館では婚姻の登記を受付していないため、 中国現地で結婚手続きをする必要があります。 また現地に住むためには定住査証の取得が必要です。

現地で結婚する場合

中国内の婚姻挙行地の法律に従い手続きを行ないますが、場所により異なる場合がありますので、 必要書類は婚姻地の民政局にて確認することが必要です。また、婚姻許可は各地の婚姻登録所 の登記員に権限があります。 なお、中国で結婚ができる<法定年令>は、男性の場合22歳以上、女性20歳以上。

1. 結婚する相手の居住する婚姻登録所に2人で行き結婚の申し出を行ないます。

<結婚申請に必要な日本人書類>
パスポート/戸籍謄本2通/住民票1通/在職証明書/納税証明書/婚姻要件具備証明書 婚姻要件具備証明書は日本大使館・領事館で入手するできますが戸籍抄本が必要。日本で取得 の場合は外務省および中国大使館の認証が必要。日本公館で取得する場合は<パスポートとパ スポートコピー・3ケ月以内の戸籍謄本>を提出すれば即日発行、費用90元。

2. 婚姻登録所にて婚姻手続きを申し込み、写真を撮影する(費用200元前後)。

婚姻登録所指定の写真館に行くよう指示される場合もあります。

3. 婚姻登録所指定病院(産婦人科病院)に行き婚前健康検査を受けます。費用400元前後。

<検査内容>
男性は、血液検査 尿検査 体重身長の測定、精液の検査。 女性は、血液検査 尿検査 体重身長の測定、膣内分泌物の検査と肛門の検査。

4. 婚姻登録所に行き、婚前健康検査証明書などを提出し、婚姻契約書にサインします。

結婚登録が完了すると結婚証明書が発行されます。 結婚証明書は通常5日後に発行、役所に知り合いなどがいると即日発行も可能。 結婚証明書は2人で受領しに行く必要があります。

5. 婚姻証明書を指定の翻訳所で翻訳後、中国の公証処で認証してもらい、在中国日本大使館 または日本の市町村窓口に提出します。

<提出書類>
婚姻届/日本人の戸籍謄本/婚姻証明書/中国人配偶者の国籍証明書(公証書)/翻訳書

日本で生活する場合の査証手続き

在中国日本大使館にて中国人配偶者が入国査証を申請します。
<提出書類>
地方入国管理局にて発行された在留資格認定証明書(日本人配偶者等)とコピー 申請書/パスポート/写真/履歴書/入国理由書/婚姻経緯書(日本人記入)/親族関係表


※行政書士等の専門家へご相談されることをおすすめいたします。