中国人を紹介する国際結婚相談所|合縁国際結婚相談室の国際結婚入会規約をご説明します

トップページ > システム案内 > 国際結婚入会規約

国際結婚入会規約

<第1条> 目的

本規約は、合縁国際結婚相談室(以下甲)と国際結婚会員(以下乙)が、国際結婚相談を利用する上で、遵守すべき規約を定めることを目的とします。

<第2条> 国際結婚会員(乙)

1. 本規約で国際結婚会員(乙)とは、会員登録された国際結婚相談の利用者および会員登録が完了していなくとも会員登録の申込みをされた方を指します。
2. 入会後は、退会手続きあるいは登録抹消がなされない限り、会員資格は自動的に更新されます。

<第3条> 会員資格

会員となるためには、以下の各号に該当しなければなりません。

1. 18歳以上の男性であること。
2. 独身であること。
3. 申込者と利用者が同一人物であること。
4. 氏名、住所、電話番号、メールアドレス等の申告事項に偽りのないこと(身元の保証ができない方は入会できません)。
5. 「お知らせ」及び、「メールマガジン」、及び、等の電子メールによる情報を受け取ることを許諾していること。
6. 本規約に同意していること。

<第4条> 運営側の守秘義務

甲は、登録内容の中で非公開個人情報部分に関しては、第三者に開示または漏洩しないものとします。但し会員の利益になると甲が判断した場合、及び裁判所、警察、税務署、消費者センター、その他の法律や条令などで認められた権限を持った機関から合法的な要請がある場合は、この限りではありません。

<第5条> 利用環境

甲は、乙が国際結婚相談を利用するための生活的環境など(パソコン等のハードウェアおよびOS等のソフトウェアを含む)に関して一切責任を持たないとともに、利用できない為に起こる料金の返金及び減額等は行なわないものとし、また、社会的環境のための助言、サポート行為を行う責任はないものとします。

▲TOPへ

<第6条> 利用期間

国際結婚相談は原則として入会後成婚されるまで。ただし乙の事情により一時的にサービスを停止する場合や、次のいずれかに該当すると甲が判断した場合に、甲はサービスの提供を中断することができるものとします。 1. 停電、火災、天災、地変、戦争、内乱、暴動、電力制限等によりサービスの提供ができなくなった場合。
2. 行政その他よりサービスの提供を禁じられた場合。

<第7条> 本規約の範囲及び変更

1. 甲は、乙の事前の承諾を得ることなく本規約を変更することができ、乙はこれを承諾するものとします。この変更は、甲がWEBサイト(ホームページ)、又は甲が提供する手段を通じ発表するものとします。
2. 甲がWEBサイト(ホームページ)または甲が提供する手段を通じて発表する諸規定は、本規約の一部を構成し、会員はこれを承諾するものとします。諸規定が本規約と異なっている場合には諸規定が優先するものとします。

<第8条> 入会

1. 甲の問い合わせフォームにて送信する等の行為により、入会の意思を示したことをもって、本規約に同意しかつ遵守することを誓約したとみなされます。
2. 甲が入会希望者の入会を承諾した時点で入会したとみなします。

<第9条> 登録内容の変更

1. 乙は、氏名、住所、職業、電話番号、メールアドレス等その他登録事項に変更があった場合には、速やかに甲に連絡する義務を負うものとします。
2. 乙が前項の届出を怠ったために甲からの通知または書類が延着あるいは送達されなかったときは、通常到達すべき日時に到達したものとみなします。

<第10条> 会員番号などの管理

1. 乙は、甲より付与された会員番号などを第三者に譲渡、貸与、売買、名義変更、質入または使用させることは出来ないものとします。
2. 乙は、自己の会員番号などの管理、使用について一切の責任を負い、その使用に係る一切の債務を支払うものとします。
3. 乙は、会員番号などの管理を怠ったことによって第三者による不正利用がなされたときは、その不正利用によって生じた全ての損害についても責任を負うものとします。
4. 乙は、会員番号などを盗用された場合は、速やかに甲に連絡するものとします。

▲TOPへ

<第11条> 料金規定

1. 乙は、入会金、サービス利用料金を支払う義務を負うものとします。入会金額、サービス利用金額、サービス内容、支払い方法は選択するプランによって異なります。プランの内容はWEBサイトで掲示するか、もしくは電子メール等、それらに準ずる甲が適当と判断する、その他の方法により、乙に告知するものとします。 契約した時期や契約経路により、同じサービスでも他の会員と金額が異なる場合があります。
2. 料金規定の変更等
(1) 甲は国際結婚相談の運用上の都合により、料金規定及びサービスの変更をすることができるものとします。その場合、WEBサイト(ホームページ)で掲示するか、もしくは弊社が適当と判断するその他の合理的な方法により、会員に告知するものとします。
(2) 国際結婚相談を利用するために必要な交通費、その他に掛かる金等は会員がこれを負担するものとします
(3) 国際結婚相談を利用する他、国内結婚相談やその他のインターネット会員などに重複して入会された場合は、各コースの結婚相談の入会規約に基き料金を支払うものとする。別途セットプランなどでの入会に付いては、別紙料金表の通り料金を支払う事とする。
(4) 国際結婚相談サービスを停止または中断した場合にも、会員はこれを理由とする料金の返金、減額または損害賠償請求等は、一切行わないものとします。
(5) 乙は、除名処分、利用停止処分等を受けたとしても使用した料金は支払うものとします。
(6) 入会後、生活環境などにより国際結婚相談のサービスが利用できない等の問題が発生しても、料金を支払うものとします。
(7) お支払い頂いた料金の返還は、一切行わないものとします。ただし、入会金のみクーリングオフが適用されます。
(8) サービスの特性上、返品には一切応じられません。

<第12条> 国際結婚相談の内容の変更及び廃止

1. 甲は、会員への事前の通知、承諾なくして、国際結婚相談の諸条件、運用規則、サービス、プログラム等を変更(改廃)することができ、会員はこれを承諾するものとします。
2. 甲は、最低3ヶ月間の予告期間をもって国際結婚相談を廃止することができ、この予告はWEBサイトまたは甲が提供する手段を通じて行うものとします。
3. 国際結婚相談サービスの中断または廃止によって、会員または第三者が損害を被ったとしても、甲は理由の如何を問わず一切責任を負わないものとします。

<第13条> 運営側の免責事項

1. 甲は、国際結婚相談サービスにおいて提供する情報等の正確性または特定の目的への適合性等について、一切責任を負わないものとします。
2. 国際結婚相談を通じて提供される情報に関し、乙と他の会員、あるいは第三者との間で紛争が生じた場合は、会員は自己の費用と責任においてこれを解決するものとし、甲は一切責任を負わず、また会員は甲に損害を与えないものとします。
3. 会員データ及び付随するデーターが消滅、抹消、漏洩されたときは、甲は理由の如何を問わず、一切責任を負わないものとします。
4. 本サービスの利用、もしくは本サービスが中断、中止されることによって発生する会員の損害について、甲は一切責任を負わないものとします。
5. 会員規約をお読みいただかなかったことにより乙に不利益が生じても甲は一切責任を負わないものとします。
6. サービスの特性上、クーリングオフは適用されません。ただし、入会契約を取り交わしたその日からその当日を含めて8日間は理由の如何を問わず無条件で解約することができます。入会時に受領した金額は全額返還いたします。
7. 本サービスは出会いの場を提供するものであり、恋人や結婚相手が見つからなかったとしても、甲は一切責任を負わないものとします。
8. トラブル相談など各種サービスで問題が解決しなかったとしても、甲は一切責任を負わないものとします。
9. 甲のサイトにアクセスできるユーザは皆、公開書き込みや写真をダウンロードおよび印刷できるということにご注意下さい。サイト上にある全てのものは第16条により転載転用を禁止しておりますが、転載転用に関して甲は一切責任を負いません。
10. 甲は、理由の如何を問わず、甲が提供する情報やサービス、あるいは、甲を広告媒体として利用するメール・テキスト・バナー広告等の出稿先が提供する情報やサービスによって、何らかの損害を受けたとしても、その損害に対して一切責任を負わないこととします。

<第14条> 禁止事項

乙は国際結婚相談を利用するに際して次の行為を行ってはならないものとします。
1. 会員規約を遵守しない旨を公言することを禁止します。
2. 会員登録時または会員登録後に虚偽の申告、申請をすることを禁止します。
3. 利用料金等の支払を遅延し、または支払を拒否することを禁止します。
4. 公序良俗に反する内容等を送信する行為を禁止します。
5. 著作権を侵害する行為を禁止します。
6. 営利目的、営業活動等本来の目的以外を目的とする行為を禁止します。
7. 有害なコンピュータプログラム等を送信または書き込むなどの悪戯及び迷惑行為を禁止します。
8. 虚偽の情報を書き込み、他の会員に対して誤った情報認識を抱かせるなどの行為を禁止します。
9. 他の会員や第三者のプライバシーを侵害し、または誹謗中傷し、名誉を傷つける行為を禁止します。会員は、国際結婚相談利用上知り得た情報を、登録期間のみならず、その終了後も自己または第三者のために使用し、または開示してはならないものとします。
10. 甲、甲の社員、甲の関係者、他の会員に対し、暴言及び暴言と判断される文言(判断の基準は開示いたしません)、嫌がらせ及び嫌がらせと判断される文言(判断の基準は開示いたしません)等を、直接相手に言うまたは間接的に伝える行為を禁止します。
11. 国際結婚相談の運営その他甲の営業業務を妨げる行為を禁止します。
12. トラブルの原因になる可能性がありますので、同業者等の方による会員登録を禁止します。
13. 他の会員から苦情が来た場合は、サービスの利用を禁止または強制退会処分とする場合があります。相手の名前は公開しません。
14. 交際を断られた相手に、直接間接に関係なく連絡を取る行為を禁止します。
15. 会員規約に違反する行為を禁止します。
16. 法令に違反する行為を禁止します。
17. 国際結婚相談会員としてご利用して頂くのが困難であると甲が判断する行為を禁止します。その理由については公開しないものとします。
18. その他、前各号に該当するおそれのある行為、又はこれに類する行為を禁止します。

<第15条> 登録情報の変更及び削除

1. 国際結婚相談に登録された内容が前条に揚げた禁止行為に該当する、あるいは該当する恐れがあると甲が判断した場合には、甲は乙への事前及び事後の通知・承諾なく当該情報を削除することが出来るものとします。甲は除名及び利用停止に関して当該者への事前通知及び理由の開示は行なわないものとし、又、当該者は開示を一切求めないものとします。
2. 同一の個人情報をもつ会員が2人以上いた場合、2重登録の可能性があるとみなし、身分証明書のご呈示を求めることがあり、2重登録の場合どちらか一方を運営者判断により削除することを承諾頂きます。削除後の復旧は出来ない事とします。
3. 乙は国際結婚相談に登録した情報の変更が生じた場合は、甲に速やかに申し出て早急に変更手続きを行なって下さい。

▲TOPへ

<第16条> サービス転用の禁止

会員は、国際結婚相談が提供するサービスの全部または一部、あるいはそのデータをいかなる方法であれ、他に転用または第三者に提供もしくは使用させ、あるいは自己の営業のために利用することを固く禁じます。

<第17条> 損害賠償

「乙は第14条の禁止行為に該当する行為があった」と甲が判断した場合には、甲は乙に対して損害賠償請求することが出来るものとします。

<第18条> 退会

1. 基本的に寿退会を通常の退会とし、会員の事情による退会は会員の意思によって申込むことができるものとし、会員の退会処理行為により削除された登録情報に関して甲は一切の復旧義務を負わないものとします。
2. 国際結婚相談により交際等を開始した日以降に乙は退会の申込みができないものとします。寿退会は乙が日本国内で婚姻後女性会員の来日の日の退会といたします。
3. 甲は退会日までに既に支払われた料金を一切返却しないものとします。
4. 会員期間中はもとより、たとえ退会後であっても、乙からの身分証明書等の提出物は一切返却しないものとします。
5. 入会後に結婚した場合、速やかに退会しなければなりません。
6. 乙が次の各号のいずれかに該当した場合、甲は、当該会員への事前承諾なく、直ちに強制退会させることができるものとします。
(1) 第14条(禁止事項)及びその他、日本の法律に違反する行為をした場合。
(2) 届出住所・電話番号の変更を怠るなど、会員の責めに帰すべき事由によって、会員の所在が不明となった場合。
(3) 既婚者であることが判明した場合。
(4) 会員本人が結婚した場合。
(5) 入会申込時の申告事実の全部、又は一部が虚偽であることが判明した場合。
(6) 強制退会となった者が再度入会したことが判明した場合。
(7) 入会金その他費用の支払いが未払いになった場合。
(8) 会員同士のトラブルの調査要請に応じなかった場合。
(9) その他会員としてふさわしくないと甲が判断した場合。

<第19条> 会員に対するサポート

1. 甲は、国際結婚相談に関して主に直接相談を受け、また副として電子メールおよび電話などによる問い合わせに対してサポートを提供するものとします。
2. 甲が会員に対し、サポートを提供するが、同じプランの会員に異なる扱いをすることがあります。サポートの内容が甲の判断により行う事を会員は承諾するものとし、甲の判断基準は公開しないものとします。また、個人情報の漏洩につながらない範囲での公開が出来るものとします。

<第20条> 料金などの支払い

本規約の成立後、各種相談などのサービスに対し別紙に定める規定の料金を乙は甲に対し支払う義務を負う。

▲TOPへ

<第21条> 準拠法

本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

<第22条> 協議事項

1. 国際結婚相談の利用に関して本規約ならびに各利用規定等に定めがなく紛争を生じたときは、甲において定める基準に基づき解決するものとします。尚、甲の基準の開示は行なわないものとします。
2. 規約及び基準を不服とする場合、当該者は日本国憲法に基づき法的手段を取ることとします。それ以外の方法で退会後を含め誹謗中傷等・嫌がらせ・迷惑メール・解答を求める行為等を行なった場合、弊社は損害賠償請求を求めることが出来るものとします。

<第22条> 管轄裁判所

甲及び乙は、甲と乙の間で本規約につき訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とすることを合意するものとします。

平成21年7月1日施行開始
合縁国際結婚相談室
代表者 藤原 翔也

▲TOPへ